中山礼音(なかやまれおん/Leon Nakayama)の作品紹介や活動レポートなど。

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

幼少時よりクラシックピアノを習い、音楽好きの父親の影響でクラシック音楽に親しむ。

中学生時代はブラスバンド、リコーダーカルテット、ロックバンドなどに参加、高校時代にはジャズ演奏にはまり、大学時代は某シャンソンクラブで歌手の伴奏を4年間努めるなど音楽三昧の日々を過ごす。大卒後は保険会社に就職するが5年で脱サラし会社を興すなどして音楽活動から遠ざかる。

2011年の震災をを契機に自分のできることで疲れた人の心を少しでも癒すことができないかと考え音楽活動を再開、仕事のかたわら、オーケストラ曲、ピアノ曲を中心に作曲・編曲などを行い、オリジナル曲も少しずつ制作発表している。

また、美しいメロディーを持った心癒されるクラシック名曲をボサノバアレンジで演奏する ピアノ&ギターのアコースティックDUO「シルフラウンジ」を2011年末に結成し年数回演奏活動をおこなっている。

2012年7月より社会人ジャズビックバンド「THE THIRD COAST JAZZ ORCHESTRA」に参加、ピアニストとして活動するほか、ビックバンド向けオリジナルアレンジを提供している。

2014年6月、MOCF2014(バンドフェス)にてベストプレイヤー賞受賞。

2017年11月、アマゾン Kindleより、自動伴奏機能を活用した『50代で始めて最短3日で弾ける!最新最速のピアノ演奏法、オートメーション・ピアノ・メソッド』を出版、Amazonカテゴリ2部門でランキング1位を獲得。

音楽理論を林知行氏に師事。
早稲田大学 政治経済学部 卒。

中山礼音

PAGETOP